骨格診断

スタイルよく見える「形」「素材」「着こなし方」がわかる骨格診断

骨格診断/パーソナルカラー診断/顔タイプ診断

骨格診断とは

あなたのスタイルが最も綺麗に見える「形」「素材」「着こなし方」がわかります

私たち日本人が長年使い続けてきた和服の文化。平面的なデザインの着物は身につける時に遣う「着付ける」という言葉が表すように、同じ着物でも着る人や目的に合わせてフィット感を調節したり着こなしをアレンジできるのが特徴です。

対して洋服は、人の曲線的な体のラインに沿うように立体的に裁断されて作られています。

頭からかぶったりボタンをとめたりすれば簡単に着る事ができますが、量産された洋服の、ある程度決まった「型」にたくさんの人たちが体を合わせて着ているのです。

生まれ持った体の特徴は人によってそれぞれですから、体型によって「体をキレイに見せてくれる服/そうでない服」があるということも納得できますよね。

骨格診断とは、骨格や肌の質感などの体の特徴をもとに大きく3つのタイプに分けて、体型ごとに似合う洋服の形(シルエット)や似合う洋服の素材感、着こなし方を知る目安となる診断です。

「骨格」をもとにしていますので、加齢によって骨格のタイプが変わるということはありません。お子様でも既にタイプごとに体型は違います。

診断方法

・体の厚みやライン
・どこにボリュームがあるか
・骨や関節の発達具合
・筋肉や脂肪のつき方
・肌の質感

こうした特徴をお客様の体に触れながら確認し、合わせてネックレスやベルトなど小物を使用して美しく見える位置も鏡で見ていきます。

骨格診断のタイプは大きく分けてストレート、ウェーブ、ナチュラルの3つ。
各タイプの特徴を簡単にご紹介します。

ストレート:存在感&メリハリのある体型

ストレートタイプストレートタイプの特徴
・身体に厚みがあり、上半身にボリュームがある
・肩や胸板は厚め
・腰の位置が高い
・鎖骨や肩甲骨、手や足の甲の骨は目立ちにくい
・太るとお腹から肉がつきやすくリンゴ型に
・筋肉がつきやすく、ハリ・弾力のある質感→体に負けないハリのある素材が似合う

ストレートタイプの芸能人:
深田恭子、土屋太鳳、橋本環奈 など

ウェーブ:上半身が華奢でやわらかい体型

ウェーブタイプウェーブタイプの特徴
・身体、特に上半身に厚みがない
・メリハリは少なめ
・ヒップ周りや下半身に肉がつきやすく、太ると洋ナシ型に
・外ももに肉がつく人が多い
・肉感が柔らかいので、二の腕に肉がつくとプルプルの「振袖」的になる
・鎖骨や肩甲骨はストレートより出ている(上半身が華奢な人も多い)
・脂肪がつきやすく、肌は柔らかくフワフワな質感→なめらかでツヤのある素材が似合う

ウェーブタイプの芸能人
北川景子、石田ゆり子、中条あやみ など

ナチュラル:骨がしっかりしていて肉感を感じさせない体型

ナチュラルタイプナチュラルタイプの特徴
・骨太で骨格や関節がしっかりしている
・鎖骨/手/足の甲の骨ははっきり出ている
・鎖骨/肩甲骨が大きめで目立つ
・太りにくい、胸が大きくても目立ちにくい
・手足が長め、特に手が長く手のひらが大きい人が多い
・肌は乾燥している質感の人が多い→ざらっとした自然素材もオシャレに着こなせる
・上半身、特に肩幅にボリュームがある人が多い

ナチュラルタイプの芸能人:
冨永愛、杏、佐藤栞里 など

骨格診断のメリット

全ての人に似合う洋服を見つけることはむずかしい。

でももし骨格診断のご自分のタイプを知っていたら、お店で素敵な洋服に出会った時、それが自分の体を美しく見せてくれる品かどうかが判断できます。

着やせのコツがわかるので、急いでダイエットをしなくても体をスッキリ見せることができます。
▶︎胸をスッキリ見せたい…という方向けの「グラマーバストさんのための骨格診断」はコチラ

ただし、骨格診断でわかるのは「体をより美しくスタイルアップして見せてくれる着こなし」

どんなにスタイル良く見えてもそのファッションが「顔」の印象と合わないと違和感が生じます。
(例えば橋本環奈ちゃんなら、パリッとしたシャツスタイルよりも丸みのある可愛らしいデザインの方が似合いそうですよね)

最初に目に入る「顔の印象」に似合う服を見つけられる「顔タイプ診断」のタイプも合わせて知っておくと
顔の印象に寄せつつ骨格を意識した、「おしゃれに見える&似合う着こなし」がわかるのでオススメです。

MiASSE
サービスメニュー詳細はこちら

0